なぜ、甘栗でなく、「焼き栗」なのか

なぜ、甘栗でなく、「焼き栗」なのか

その壱 それは、すべてお客様の立場になって考えました!

比沙家では、焼き栗を従来の甘栗と比較すると、焼き栗は、
①手爪が汚れない
②中身が見える
③かたくない 小さいお子様 ご高齢の方
という点で、お客様のためになると考えているからです。

その弐 それは、食感と色へのこだわり

従来の甘栗で使われる栗は、中国栗と呼ばれます。この中国栗は水分が少なく、加熱するとすぐに固くなり易いです。一方、比沙家の焼き栗は中国で栽培しておりますが、日本栗です。日本栗は、中国栗より水分が多いです。つまり、加熱しても、すぐに固くなりません。

比沙家では、この水分の多い日本栗の水分だけで、栗を蒸し焼きにして、ほくほくの食感をお届けしたいからです。

中国栗は、加熱し時間が経つと、果肉が濃い茶色になります。一方、日本栗は、加熱し時間が経過しても、中国栗より黄色い色が保てます。だから、おいしそうな、また、おいしい栗の実の色は黄色とであり、甘栗より黄色が焼き栗のシンボルとしてお届けしたいからです。

その参 それは、歴史的、時代的背景からです。

icon-bookmark-o 歴史的背景1
『日本の栗は縄文時代人の主食である。』と三内丸山遺跡から出土の栗からわかっている。⇒特別史跡三内丸山遺跡だから、日本人にとって有史以来日本栗を食べているので、比沙家では、日本品種の栗が日本の方の嗜好にあうと確信しております。

icon-bookmark-o 歴史的背景2
『人類は進化し、その顎は退化してきている。』 縄文時代人と現代人を比較すると、現代人の顎骨が小さくなっていると古代人の顎骨の比較研究者の鹿児島大学伊東而教授の指摘に基づく。だから、比沙家は、焼き栗は噛み易い、柔らかい、ほくほくの食感がをお子様、ご高齢の方に大切であると思っております。

icon-bookmark-o 時代的背景3
『添加物の危険性があるとされている。』添加物そのものに有害な不純物が含まれていると、健康危害を引き起こす原因となる危険性があるとされている。(東京都福祉保健局 ホームページより抜粋)だから、比沙家は、安全な無添加で栗を焼き上げております。

「なぜ、中国産なのか」
中国は、栗の生産量が世界一です。なんとその量は、日本の約80倍以上で年間約160万t。一方、日本は年間約2万tです。
だから、比沙家は、生産量が多い中国から栗を厳選することにより、焼き栗好きの方のご要望として、適切数量、適切価格、適切なタイミングで年中を通してお届けできると思っているからです。

icon-cutlery 最新の焼き栗COLUMN

京やきぐりについて

京やきぐりについて

比沙家の「京やきぐり」は自然の美味しさを楽しむ、無添加無着色の新しい焼き栗です。 … 続きを読む →

コメントなし
なぜ、甘栗でなく、「焼き栗」なのか

なぜ、甘栗でなく、「焼き栗」なのか

比沙家では、焼き栗を従来の甘栗と比較すると、焼き栗は、 ①手爪が汚れない ②中身 … 続きを読む →

コメントなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です