比沙家

WIKI 栗百科
2016.10.4

クリの栄養と効能

2016/10/4

おもな栄養成分(可食部100g中)

カリウム(420mg)、葉酸(74mcg)、食物繊維総量(4.2g)、ビタミンC(33mg)、ビタミンB1(0.21mg)、ビタミンB2(0.07mg)、ビタミンB6(0.27mg)

期待される効能

高血圧予防、貧血予防、便秘改善、風邪予防、美容効果、疲労回復、老化予防p>

栗にはカリウムが豊富に含まれているので高血圧や動脈硬化などの予防に効果が期待できます。また造血作用のある葉酸も含まれていて、貧血予防や葉酸を多く必要とする妊婦の方にも最適です。

食物繊維は便秘改善に役立ち、ビタミンCは風邪予防や美容効果に効果があります。栗のビタミンCは、でんぷん質に包まれているので熱による損失はそれほどありません。

疲労回復に役立つビタミンB1、細胞の成長を促進し老化予防によいとされるビタミンB2、アミノ酸の合成や代謝に必要なビタミンB6なども豊富に含まれています。

栗は栄養価の高い食べ物ですが、その一方でカロリーも高いので食べすぎには要注意です。

より詳細な栄養成分については、「栄養成分(グラフ)」もしくは「栄養成分(一覧表)」に掲載しています。

2016.10.4

おもな産地と収穫量

2012年のクリの出荷量のうち最も多いのは茨城県で、約5,090トンを出荷しています。2位は約3,130トンを出荷している熊本県、3位は約1,930トンを出荷している愛媛県です

2016.10.4

栽培面積・収穫高の推移

2011年のクリの作付面積は、1位は筑波で約4,320ヘクタール。全体の約30%を占めています。2位は丹沢で約2,393ヘクタール。3位は銀寄、4位は利平くりとなっています。

2016.10.4

品種ごとの作付面積

2011年のクリの作付面積は、1位は筑波で約4,320ヘクタール。全体の約30%を占めています。2位は丹沢で約2,393ヘクタール。3位は銀寄、4位は利平くりとなっています。

Top

Copyright © 2016 比沙家 All Rights Reserved.